弁護士費用から立退料を推定する

弁護士費用は金額から考えると数十万、数百万円と高額になるので依頼する立場では高いような印象を受けますが、そうでもないと思います。

弁護士費用は着手金と報酬金に大きく分かれます。住居からの立退きの場合の着手金は無料から10万円程度の弁護士事務所が多いです。

(旧)日本弁護士連合会報酬等基準では着手金の最低額は10万円でした。なぜ着手金を無料にできる弁護士事務所があるのか考えます。成功報酬にあたる報酬金が例えば20%のみの場合では、立退料が50万円以上あれば報酬金が10万円以上になります。

逆に考えれば、立退料が50万円以上にはなると見込んでいるということでしょう。ちなみに、旧基準で立退料が50万円の場合、着手金8%(最低10万円)+報酬金16%(8万円)の合計18万円でした。

過払い金請求や立退き交渉のみ着手金無料とする弁護士事務所があるのは、相場が十分わかっているのでしょう。

弁護士が着手金なしに引き受けてくれるなら立退料50万円は超えるはず