立退料の相場を理解する

立退料の相場はあって無いようなものです。ゼロのこともありますし、数百万、数千万、数億円と色々です。

ここでは私のワンルームからの立退き体験を元に話を進めます。

立退料がゼロになる場合は、部屋を借りている店子が「立退料をもらわなくても良い」と決めた場合です。たとえば、ちょうど引越す予定であったとか、大家さんに大変お世話になっていた場合などです。

逆に、立退料が高額になるのは住んでいる人に引越の意思が無いのに立退かせようとする場合です。ただし、「1億円以下では立退かない!」と頑張っても裁判をすることによって合理的な立退料での立退きをすることになります。

この合理的な立退料がいわゆる相場の目安になるでしょう。実際、私が交渉した際も裁判をしたら下されるであろう立退料を目安としました。オークションのようなものなので立退く側は高額の立退料を想定し、立退かせる大家さんはなるべく低額の立退料で済ませようとするでしょう。最終的に決まる立退料は一定の相場内に収れんすることになります。

立退料の相場は「もし裁判をしたら?」で考える