立退料の相場はある。ただし、家賃の6ヶ月などではない。

本サイトの主張する立退料の相場は、立退く側つまり部屋を借りている人の立場と、立退いてもらう側つまり大家さんの双方が納得できる立退料を相場として考えます。

たとえば、立退料の相場で検索すると家賃の6ヶ月が相場とか10ヶ月が相場などと出てきます。多くは、大家さんをお客様とする業者のホームページでしょう。逆に、弁護士の実績紹介ページでは100ヶ月分などとあるかもしれません。

どれも実績はあると思います。ウソをついているとは思いません。しかし、立退料の相場と言って良いかというと違うと思います。

なぜなら、裁判の判例に合理的な立退料の計算方法があるからです。判例では家賃の6ヶ月とか100ヶ月とかざっくりした計算は一部のみで、大部分はより説得力のある根拠に基づいた計算により立退料を算出しています。

立退料の相場の根拠は判例から探す