住居から立ち退く場合の立退料の相場

私が体験した住居からの立退きについてです。立退料の相場を判例を参考に見ていきます。

立退料は一定の相場内に収まると書きました。判例から計算すると実際に裁判をした結果、判決として示される立退料がわかります。参考にする判例は住居からの立退きです。3つの立退料の計算根拠が示されています。複数の計算方法を使って立退料を算出し、他の方法と乖離がないと結論しています。

詳しい計算は該当記事を読んでいただくとして、ここでは

{裁判をしたと仮定して示される立退料} ± {弁護士費用}

住宅から立ち退く場合の立退料の相場とします

たとえば裁判した場合に予想される立退料が100万円だとします。100万円の立退料のための弁護士費用が40万円だとします。立退く側としては、100万円 - 40万円で60万円が実質的な立退料になります。大家さんの側としては、100万円 + 40万円で140万円が実質的な立退料になります。つまり、この場合の立退料の相場は60万円~140万円と言えるでしょう。

裁判で示されるであろう立退料 ± 弁護士費用 を目安にする