簑田 弘大

 
 
プロフィール
作曲・三味線演奏家
簑田弘大
Minoda Kohdai

1983年、三味線演奏家の父・杵屋五司郎と母・日吉静永の長男として東京で生まれる。
91年、尚美学園子供音楽科に入学。同学園内作曲コンクールにて最優秀賞受賞。
06年、国立東京藝術大学(長唄三味線専攻)卒業。
08年、昭和音楽大学非常勤嘱託に着任。

04年、波田陽区CD「ギター侍のうた」ツアーにてライヴやTV番組(ミュージックステーション、POPJAM等)に出演。
05年、TVドラマ「タイガー&ドラゴン」の音楽収録に参加。内田ゆう子CD「音景色」の収録に参加。
06年、goez'onCD発売。

05年、サントリーホール主催「レインボー21デビューコンサート」にソリストとして出演。「三味線コンチェルト」を新編曲版にて初演、ピアノと共演する。

06年、現代美術の第一人者「伊藤隆道」展イベントにて、同氏のモニュメントと自作曲「冬の朝」をコラボレーションし好評を博す。

フランス・パリ、タイ、バングラデシュ、韓国等での海外演奏など、国内外で活動している。

日本音楽集団所属。
和楽団「煌」結成所属。
アンサンブル室町結成所属。
長唄東音会所属。
勢会所属。
長唄協会会員。
銀座芦野サロン三味線教室講師。
はいから和楽器教室三味線講師。

これまでに、長唄三味線を杵屋五三吉、杵屋五吉郎、長唄を稀音家六静世、東音西垣和彦、ピアノを林智子、ソルフェージュを星野清、一ノ瀬弘子、ローラン・テシュネ各氏に師事。

古典から現代、作曲活動また音楽教育まで幅広く活動している。